伊豆は美術館などの 観光スポットでいっぱい。

ローズマリーではご宿泊のお客様に、伊豆観光スポットの「割引券」をご用意しています。

●アンティークジュエリー

扉を開けるとそこは19世紀ビクトリア王朝時代。一流の宝飾師たちが技術を駆使して作り上げた王侯貴族愛用の名品の数々が垂涎を誘う。

●池田20世紀美術館

伊豆で美術館といえばここ。建物も異色なステンレス張り。自然採光で連なる館内は作品が鑑賞しやすい設計となっている。20世紀の「人間」をテーマとした作品主体の現代美術館。ルノワール、ピカソ等の巨匠作品もある。

●伊豆オルゴール館

その昔、オランダへでオルゴール館を見ました。その造形と音色に感動しましたが伊豆にもオルゴール館がオープン。いわば自動演奏機ですが、その繊細で魅惑的な音源に魅了させられます

●伊豆テディベアーミュジアム

物語が始まる。あなたとデディのノウタルジャック・ジャーニー。90年以上の時を超え、愛され続けるテディ達が優しい出会いを待ってます。/p>

●伊豆ガラスと工芸美術館

アールヌーヴォ− /デコ期のガラス美術と装飾工芸の美術館。欧米のガラス工芸の名品を中心に、所蔵作品の中から300点を常設展示。幻想的な輝きがゴージャスな雰囲気

●人形の美術館それいゆ

創作人形作家中島美里の作品と世界の人形たち1000点がユーモアとペーソス溢れる表情仕草で人生を比喩してくれる。

●ろう人形美術館&メキシコ館

チャップリンに、エルビスプレスリーに、ビートルズに、時を超え、蝋人形創作技術がリアルに語りかけてくれる。まるで生きているみたい。祐次郎もいるよ。

●ワイルドスミス絵本美術館

石坂浩二館長の絵本美術館。絵本作家ワイルドスミスの子供の成長にかける情熱が凝縮されている。楽しい絵本やグッズがあってお子さんは喜ぶと思うよ。

 

●岩崎一彰・宇宙美術館

宇宙絵画の第一人者岩崎一彰の原画を見ることができる。繊細な宇宙画をルーペで見ると新たな感動が蘇る。天文台もあり星座観測や星の話も聞くことがもできる。

●ねこの博物館

世界初、世界の珍しいネコちゃんたちが愛嬌たっぷりお出迎え。 珍しいネコ種から人気のネコ種まで、たくさんの種類が勢ぞろい。 ロシアンブルー、オシキャットなど、たくさんのネコちゃんとふれあうことができます。

ステンドグラス美術館

光の芸術ステンドグラス。中世ゴシックの教会芸術として開花したステンドグラスの魅力。いま、世界第一人者のシャフラットがこの美術館のために名つけ親となり自らの作品も展示。

●メルヘンの森美術館

誰もが思いを馳せるメルヘンの世界。恋人達をテーマに描いたメルヘン絵画を100数点常設展示、撮影館では豪華なメルヘン衣装で思い出の記念写真が撮れる。男性用もあるよ。

●下田開国博物館

下田から世界へ発信した幕末開港の歴史を学ぶことができる。日本開国に係る約1000点の資料・遺品が常時展示されている。歴史好きにはたまらないミュージアムだ。

●村上康成美術館

ワイルド・ライフ・アート 、村上康成の世界は大自然というフィールドで自然と向き合って肌で感じたものをメディアに投影。その作品は絵本、グッズや絵画に活かされている。

●まぼろし博覧会

昼なお暗い怪しい階段を上ると、茂った密林、荒れた廃墟、怪しげな見世物小屋、そうです、そこは過ぎ去った懐かしい昭和の世界にタイムスリップ。伊豆高原梅の木平にオープン。

●野坂オートマタ博物館

オートマタとは18〜19世紀のヨーロッパで科学者であり最高の技術者でもあった「時計技師」たちによって生み出された「機械仕掛けの芸術品」。王侯貴族の文化遺産ともいえる珍しい博物館。

●箱根ガラスの森

15世紀から18世紀にかけてヨーロッパの貴族たちを熱狂させたというヴェネチアン・グラスのコレクションミュージアム。オープンテラスではカンツォーネのライブもある。